心配かも・・ウォーターサーバーの危険性とは

気をつけないと雑菌の温床に!

天然水やろ過した水を手軽に飲むことができるウォーターサーバー。オフィスや病院で使用されているほか、安全な水・美味しい水を家で飲みたいという要望から家庭でも使用されるようになってきました。しかし、配達されてきた水を設置して飲むのだから安心かと思いきや、思わぬ危険性が潜んでいるのです。
ウォーターサーバーの注水口は、外気に触れていることでどうしても雑菌がついてしまうことがあります。そうすると雑菌は水があるところで増殖するため、注水口を通ってパイプを汚染してしまいます。
浄水器でも同様の現象は起こりますが、浄水器の場合はしばらく水を出し続ければ雑菌がある程度流れていきます。しかし、ウォーターサーバーの場合はタンクに水がたまっているので、一度汚染されてしまうと雑菌が増え続けるという恐ろしいことになります。

メンテナンスをしっかりと

上記のような恐ろしい事態を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。それは、日々のメンテナンスを欠かさずしっかりと行うということに尽きます。
ウォーターサーバーの水は安全に違いないと思いこんでメンテナンスを怠ると、注水口から雑菌が混入してしまいます。せっかく安全な水を飲もうと思って利用しているウォーターサーバーで不衛生な水を飲んでしまっては元も子もありません。メーカーの説明書を見ればメンテナンスの方法は詳しく書いてあるはずなので、それをよく読んで定期的に適切なメンテナンスをしましょう。また、長期間外出してウォーターサーバーをしばらく利用しなかった時などは、パイプの中に残っている水を捨ててメンテナンスをしてから飲むようにすると安心です。

水宅配では、水の入ったボトルを自宅まで届けてもらうことができるため、店舗から自宅まで重いボトルを運ばずに済むというメリットがあります。